woodblockprint 






「としぎゃらりー」にようこそ!

伝統木版画と摺り物に魅せられて約20年が経過し、その間に収集した作品および実証的資料にもとずいた研究成果の概要につき、このサイトで順次ご紹介いたします。


なお、私の6年以上の研究調査と収集活動の一端として、友人ロス・ウォーカー氏との共同執筆にて、2009年1月に『土屋光逸作品集』を自費出版いたしましたので、是非ともご購入のうえご高覧賜りたく、詳細についてはこちらをご覧ください。

最新展示会情報の詳細についてはこちらをご覧ください。


私の伝統木版画との初めての出会いについては, このトップページの下に記しましたので是非ご一読ください。


Welcome to my newly opened Tosh Gallery!

I am very pleased to share my favorite woodblock prints including various reference information through my continuous fact-finding research efforts for about 20 years.


As a matter of fact, Dr Ross Walker and I have jointly accomplished in publishing "The Catalogue Raisonne of Tsuchiya Koistu" in January of 2009 after our painstaking attempt for more than 6 years.

I appreciate it if you could read my introductory article of my first encounter with a woodblock print below in this front page


日本語 ENGLISH
日本語のページは上のボタンをクリックしてください Please click the upper button for ENGLISH pages



サイト責任者:土井利一(どいとしかず) Website Manager: Toshikazu(Tosh) Doi


所 属 団 体 / Membership

国際浮世絵学会会員 / International Ukiyoe Society

台東区生涯学習北斎研究会 / Taito Study Group for Hokusai
江戸東京博物館友の会 / Edo Tokyo Museum Club
浅草千社睦会会員 / Asakusa Sensha Mutsumi Society




私の伝統木版画との出会い    My first encounter with a woodblock print

 最初の一枚の版画との出会いが、その後の私の趣味の世界への道筋を全く変えてしまいました。
 それは1995年の夏、東京都内のあるデパートで開催されていた「伝統工芸職人展」で木版画の実演販売コーナーがあり、そこで目にしたのが右の版画でした。

 当時私は、まだ版画に関して絵師も版元も全く知りませんでしたが、とにかくこの版画を躊躇せずに購入しました。というのは、たまたま私の苗字と同じ「土井」という文字が、料亭の看板提灯の中央部に描かれていたからです。
 数年たってから、それが版元土井貞一から1939年8月に出版された「牛込神楽坂」(後摺り版画)であるということが分かったのです。
 ただしこれには長い長い後日談があり、その結末については、2009年1月に出版の『土屋光逸作品集』の中で詳しく説明してあります。
 いずれにしても私の持論は、日本の伝統木版画や摺り物の芸術性を支えてきたのは、版元や絵師のみならず、彫師・摺師の高度な技術なしには達成不可能であったことを認識すべきです。従って、その職人技を再評価する視点で、彫り摺りにこだわった木版画の収集と調査研究に精を出している毎日です。
  My first encounetr with a woodblock print led me an unexpected hobby world up to now.
It was an occasion when I enjoyed an authentic crafts exhibition at a department store in summer of 1995 in Tokyo.There I happened to find a woodblock print depicted at left window. At that time I knew nothing about woodblock prints including artist and publisher as a novice. Despite of my innocence, I purchased that print with no hesitation. Because it illustrated an big lantern with the name of "DOI" as a restaurant sign, that, by chance, was the same family name as mine. A few years later it was proved to be a posthumous print entitled "Ushigome Kagurazaka" by an artist named Tsuchiya Koitsu, which was published by Doi Sadaichi in August of 1939.
(Please refer to the related article here at koitsu.com)
My detective investigation on this original print lasted for several years more to conclude. I am very pleased to disclose the whole inside story in my article of "The catalogue Raisonne of Tsuchiya Koitsu" which went on sale in January of 2009.
My consistent theories of collecting prints and of searching rare reference material are that carvers' and printers' technique must be fairly evaluated together with artists' and publisher's efforts. Because these four stars equally contributed to the quality of the woodblock prints in such perfect alignment as so-called "Ukiyoe Quartet"
In any way I have to keep collecting various woodblock prints for further research from now on.


連絡先メールアドレス: t-doi@toshgallery.com

Contacting Address: tosh-doi@gamma.ocn.ne.jp

著作権:土井利一(としぎゃらりー) 不許無断転掲載
 All Copyrights Reserved by Toshikazu Doi (ToshGallery) ©2008-2015

土井利一 古物商許可 東京都公安委員会 第308930808458号

上に戻る